親が思う志望校、子供が思う志望校

中学受験はお子さんが決めるのではなく、実際にチャレンジしようと決定するのは保護者ということが多いので、お子さんの勉強のモチベーションを上げることに苦労される保護者も多いです。ただ、オープンスクールや体験学習、学校説明会などに参加し、私立中学を知るごとに、公立中学とは違う魅力を強く感じるお子さんも出てきます。こうなってくれば、勉強のやる気も出てくるので保護者はほっと胸をなでおろすのですが、逆に、志望校の希望の違いも出てきます。

保護者は教育方針や理念、その学校の学力レベルなどを考慮し偏差値の高さなどによって中学受験を目指す学校を決定することが多いのですが、お子さんはまた違う視点を持っています。お子さんによっては制服がかわいい、先輩が行っていて楽しいと言っていた、やりたい部活がある、施設がきれいなど客観的なことから行きたい学校を選ぶことも多いです。

志望校への希望が親子で違う場合、まず模試の偏差値の数値を親子で確認し、ある程度の余裕を持ってそこにはまる学校を選択し、そこからお子さんが希望する学校、保護者がいいと思う学校を照らし合わせていくといいでしょう。こんな学校は、とか、偏差値が低いところじゃないとか、お子さんの気持ちを折るような言動は絶対につつしみ、お子さんとしっかり話し合うことが求められます。