偏差値で絞り込む志望校

中学受験を目指すお子さんたちは最終的に小学校6年生の秋くらいまでには志望校を決定することになります。ここから志望校の過去問を繰り返し行ったり、塾が準備した志望校に沿ったテキストなどをやり込んでいくことが大切です。

志望校の決定には偏差値を利用しますが、偏差値ばかりに目をとられ、そのほかの面を置き去りにしてしまうと、実際に入学してからイメージとの違いなどに戸惑うこともあります。そのため、志望校の決定は偏差値に固執することがないように、総合的に判断する気持ちを忘れないようにしましょう。

勿論、学力レベルの違いがあまりにもあるところを志望校にする、というのはお子さんのためになりません。その学校に入学できるぎりぎりの学力を持っていても、入学して学校生活が始まってから学力レベルの違いが大きくついていけなくなってしまうお子さんもいます。

私立中学の難関校と呼ばれる中学では、かなり学習スピードが速く、さらに宿題もたくさん出されます。そのため、実力があるお子さんでも宿題をこなし成績を落とさないように学校生活を送っていくのが大変という声もあります。お子さんが質の高い学校で、よりよい教育を受け、楽しい学生生活を送っていけることが一番です。偏差値と学校の質、レベルなどをよく確認しながら第一志望を決めていきましょう。