中学受験に塾が必要となる訳

大手進学塾の模試は、ここに通っているお子さん以外、中学受験を検討しているお子さんが利用できる試験なので、多くのお子さんが模試を受け、その偏差値によって一喜一憂されています。こうした模試を行う大手進学塾は、中学受験を目指すお子さんにとって、偏差値アップの指導を行ってくれる、中学受験のノウハウをよく理解した強い味方とされ、大手進学塾に行くことが合格の近道といわれることから、入塾テストも必死になります。

大手進学塾ではなくても、中学受験のノウハウ、指導能力や実績の高い塾に行くことが、中学受験で必須となるのは、情報量にも理由があります。偏差値などの数値も、中学受験に欠かせない情報です。自分が行きたい志望校の偏差値はこのくらい、でも私はこういう数値だからもっと頑張らなくちゃ、と、勉強する指針となります。

この他に進学塾では受験情報の収集能力に長けているため、出題傾向をつかみ生徒のカリキュラムに組み込んで出来る限り志望校の受験に有利な指導を行うという方針があります。この受験情報についても、進学塾ならではの力となるため、中学受験を考えているお子さんは、進学塾、いわゆる集団型指導塾へ行く、せめて夏季講習や冬季講習、模試には必ず参加しておくことが必須といわれるのです。