算数の偏差値アップ「図形・文章」

中学受験の算数、中でも図形問題や文章問題は非常に難しく、解くことが難しいといわれています。図形や文章問題については問題の意図をつかむ読解力、問題の解き方を考える思考力、どの公式を利用して解くかのひらめき力、判断力などが必要です。

問題を見ても解き方が閃かない、問題が何を導き出そうとしているのか読めないというお子さんの多くが、解決するために行わなければならない順番を考えずに、解答しようとしているといえます。問題に出てくる必要な条件を図に書き入れ、計算で得た数値も図に書き入れます。さらに同じ角度など同じ部分がどこかにないか?確認し、ここで相似などを見つければ、少しずつひらめきが出てくるでしょう。

公式、定理などが頭の中に入っていないと到底解く事ができないので、図形問題で偏差値を落としていると思われるお子さんは、図形問題の基礎からしっかりやり直し、必要な公式や定理を頭に入れるところから始めていくといいでしょう。

算数の偏差値をあげる方法を考えてみるとやはり、図形にしても計算問題にしても小学校4年生くらいまでに苦手を把握し、そこから偏差値をあげるために何が必要なのか、素早く対応を考えていく事が大切でしょう。