偏差値と通常問題

中学受験では応用問題、記述式の問題をどうやって解くか、それが合否を分けるといわれますが、もう一つ、どんな問題も確実に点数を取る、たった1点でも合否に関係する事を理解し、妥協しない勉強が大切です。

応用問題は記述式となるため、一つの問題の点数が大きいため、落とすわけにいかないと普段から問題を解けるようにしっかり勉強を行います。確かに応用問題は配点も大きく、記述式問題は落とせないと考えるのもわかりますし、解けるようにしておくことが合否に関係することは間違いありません。

でも、単純で簡単、偏差値に差があるお子さんでも容易にできる問題、これを落とすお子さんが多くなっています。ほかの子が簡単に解ける問題なのに、その問題を間違えてくるようなら、勉強の根本的なやり方に問題があるのかもしれません。

単純で簡単な問題を解く事ができない場合、勉強をつみ重ねていけば次第にできるようになるとか、だんだんと出来るようになっていくということが「考えられないので」勉強の方法、お子さんの勉強に対する考え方からしっかり見直すことが必要となるのです。

学年が低い状態で簡単な問題ができないことに気が付いたなら、個別指導塾や家庭教師など、お子さんに対して学習カリキュラムを組んでくれる指導を選び始めることも大切な受験対策です。