低学年のうちに自学を徹底する

小学校低学年から中学受験のための学習なんてかわいそうという方もいますが、いきなり小学校高学年になってから中学受験のため、今まで遊んでいた時間をつぶして勉強しなさい、進学塾に行きなさいと生活を一変される方がよほどかわいそうだと感じます。

小さい頃から、勉強する時間が生活の中に組み込まれていれば、勉強する事は苦になりません。小学校にあがったら遊ぶ前に宿題、翌日の予習、復習を済ませる事、計算ドリルや漢字ドリルを毎日少しずつでいいので継続的に行わせること、こうしたことを行っていけば、勉強する事が自然な生活リズムとなります。

中学受験では偏差値が志望校選定の材料となりますが、偏差値が高いお子さんは、小学校低学年時から自学を行う習慣があり、自学を怠ることなく継続していくうちに、確かな基礎力を付けています。親御さんが引いた勉強のレールですが、毎日低学年から行っていく事で、高い学力、高い偏差値を付ける駅が見えてきます。

中学受験のための塾に通うようになってから、塾での授業、塾の宿題、自学での予習復習がセットとなり、自宅学習の重要性は常に求められます。自宅学習ありきで塾の授業が進められるといっても過言ではありません。志望校を決定する小学校6年生になってから勉強する癖をつけて偏差値をあげて・・・というのは難しいのです。